カードローンの審査に通過したい!そんな時には

カードローンの審査に通るためには、まず正直に嘘偽りなく申し込み書に記載することが大事です。少しでも自分を良くみせようとして嘘の申請をすることは、いずれわかってしまうことですし、いけません。また、利用限度額も後から上げてもらうことも可能ですので、最初は少なめに申請することがカギです。

また、カードローンの審査においては2種類の『スコアリング』というものが行われることも覚えておきましょう。一つ目は『属性スコアリング』です。これは、あなたの勤務先や勤務形態、年収、住居形態などといった属性について調べられ、点数化するものです。勤務先については大手の会社に勤めているとより審査には有利になるでしょう。パートなどよりも、断然正社員の方が有利になるということもあります。さらに、住居に関しても借家よりも持ち家だと有利です。このような基本的な基準があるのです。

二つ目は、『信用情報スコアリング』というものです。これはあなたがこれまでにどの程度借り入れを行ったかなどの取引に関するスコアリングです。取り引きの経験がある方の方が有利と言えるでしょう。 そして、キャッシングを申し込む際には『総量規制』にも気をつけなくてはいけません。2010に貸金業法が改正されたので、年収の1/3までしか借りられなくなったのです。よって、キャッシングを申し込むなら、年収の1/3を超えないようにすることも大事なのです。例え、年収などが低かったとしても、申し込み額が『総量規制』の範囲内であれば審査に通過することができる場合もあるということです。

さらに、忘れてはいけないのはあなたの人柄も見られるということです。『スコアリング』によってあなたの状況などはある程度審査されます。しかし、それは機械的なことであって、その他にもあなたがどういった人であるかを見極められるのです。それは、電話をかけた時などにスタッフに判断されるでしょう。つまり、電話にてきちんとした受け答えができることが重要だということなのです。 カードローンに申し込む際には、以上のことに気を付けましょう。

総量規制がかからないレイク

総量規制の制限を受けない銀行カードローンは○○銀行カードローンといった名前がついていることがほとんどですが、新生銀行のカードローンであるレイクも実は銀行カードローンであり、総量規制を受けません。もともとは消費者金融として営業していたレイクは新生銀行に事業買収され、銀行に直接経営されています。そのため、総量規制のさだめがある貸金業法ではなく銀行法が適用され、総量規制外のカードローンになったのです。元が消費者金融のため、サービス内容も消費者金融キャッシングとほぼ同じものとなっており、総量規制のかからない消費者金融キャッシングという感覚で利用ができます。さらに年金生活者でも利用可能など、銀行カードローンのメリットも併せ持つカードローンです。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.